葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

初めての葬儀で失敗しないためには葬儀の知識と葬儀屋選びが重要!

初めての葬儀で失敗しないためには葬儀の知識と葬儀屋選びが重要

 

葬儀の種類(スタイル)、費用の相場、全体の流れを把握する

 

地域や規模によって葬儀の費用は大きく変わります。
 
このサイトでは「東京」の相場を記載したサイトになります。

 

東京と一口で言っても広くありますので、東京の平均相場という認識でお願いします。

 

また葬儀を行う上でどのような事に注意していくか、
初心者にもわかりやすいように紹介いたします。

 

 

葬儀の種類(スタイル)について

 

葬儀には4つの種類(スタイル)があります。

 

昔からのしきたりで一般的に多い葬儀は「一般葬」ですが、
最近では少人数で行われる「密葬」「一日葬」「家族葬」も増えてきています。

 

単純に価格面だけではなく、
さまざな事情もありますが、
参考までに低価格順に並べると

 

1.一日葬
2.家族葬
3.一般葬
4.密葬

 

となります。
※やり方や参列者の人数によって異なりますのであくまで参考程度としてご理解ください。

 

 

それでは簡潔に一つずつ説明を致します。

 

 

1.一日葬とは

 

一日葬とは名前の通り、通常、二日間かけて行う葬儀を一日で済ます葬儀の事です。
通夜をやらない葬儀の事ですね。

 

通夜をしない分、時間と費用を抑える事ができるのと
心身ともに負担が減ることがメリットとしてありますが、
通夜がないので一般の会葬者が弔問しずらいというデメリットもあります。

 

また一日葬は現代の葬式スタイルの為、
親族で理解されずトラブルになる可能性がありますので、
事前の連絡や理解を得る必要があります。

 

 

2.家族葬とは

 

家族葬とは文字通り「家族を限定した」葬儀の事です。
葬儀の流れは一般葬と変わりませんが、
参列者は「家族のみ」となります。

 

ただ「家族」の定義をどうするかという問題がありますので、
親戚の方がの理解がとても大切になります。

 

最近では「家族葬」という言葉が独り歩きをしていて、
通夜や葬儀の取り仕切りを全て家族が行うように
葬儀屋に仕向けられうケースもありますので、
注意しましょう。

 

 

3.一般葬

 

一般葬とは通常行われることが一番多い葬儀の事で、
文字通り一般的な葬儀の事です。

 

家族葬や密葬と違って身内だけではなく、
近所の方や勤め先関係者など付き合いが広い人には
会葬者が多く訪れるケースがあります。

 

香典はありますが、
費用としてはかかります。。

 

 

4.密葬とは

 

密葬とは一般の方々を呼ばずに身内や特に近しい友人のみで行う小規模の葬儀の事で、
火葬のみを行う葬儀です。
 
年末年始など忙しい時期に、
取り急ぎ密葬を行い、後日一般の方々を呼んで本葬をするのが
流れでしたが最近は本葬をせずに済ませる人も多くなっています。

 

また、芸能人や有名人など人脈が広い方の場合、
最初に親族だけで密葬をして、
後日改めて一般葬を行うケースもあります。

 

密葬だけを考えると身内のみの少人数で行う為、費用は軽減できますが、
結果的に一般葬もする場合は一番費用はかかります。

 

また密葬だけの場合は一般の会葬者がご本人と対面できずトラブルになる可能性があるので、
事前の連絡はしっかりする必要があります。

 

 

 

葬儀費用の相場を理解する

 

葬儀費用の相場と聞いて間違いやすいのは、
葬儀費用というのは大きく分けて3つに分類されることです。

 

1.葬儀屋に支払う費用
2.立替実費費用
3.お坊さんに支払う費用(寺院費用)

 

さらに、

 

費用を考えていくうえで2つの視点があります。

 

それは、

 

1.固定費(事前に費用が確定する)
2.変動費(参列者の人数により変わる)

 

です。

 

 

こういった視点で計算していかないと、
思っていたより費用がかかってしまって

 

 

「支払いが出来ない」

 

 

といったトラブルにならないようにしなければなりません。

 

 

具体的には

 

1.葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)
2.葬儀屋が立て替えた金額(立替実費費用)
3.お坊さんに支払う金額(寺院費用)
 

 

のページをご参照ください。

 

 

葬儀の全体の流れについて

 

 

それではご臨終から葬儀終了までの流れを紹介します。

 

日程(目安) 流れ やること(手続き等)
死亡当日

ご臨終

 

(病院とご自宅の場合があります)

・看取り(基本的に家族のみ)
・死亡診断書を医師より受け取る
・退院手続きを行う
役所に死亡診断書を提出と
 生命保険の手続き
・家族や親族、故人の関係者に
 知らせる  
・喪主を決める  
・搬送先を決め搬送する
 (自宅or斎場など)   
・取り急ぎ搬送だけでも葬儀社を
 決める
 (病院指定の葬儀社がほとんど)   
・通夜・葬儀・初七日の法要の
  打ち合わせをする  
・通夜・葬儀の日程を葬儀社や

 お寺と相談して決める  
・遺影を決める  
・予算を立てる  
・数社に葬儀社に見積りを取る

当日〜2日目 遺体の搬送 ・自宅or安置施設
2日目〜3日目

葬儀社等と打ち合わせ

 

(枕飾り・葬儀の打ち合わせ・納棺をします)

・喪服を用意する  
・供花、供物、宿泊先の手配をする
・精進おとし、引出物の内容を
 決め人数分手配する  
・火葬場までの車手配を
 葬儀社へ依頼  
・通夜の僧侶へのお布施準備

2日目〜3日目

 

通夜を行います

・受付、接待、駐車場など
 役割分担を決める  
・出棺時の役割分担を決める
 (挨拶する人、遺影を持つ人、
 位牌を持つ人、遺骨箱を持つ人、棺を持つ人)   
・故人と最後のお別れと出棺を行う  
・お葬式の準備を行う

3日目〜4日目 葬儀・告別式・出棺

・葬儀、告別式、出棺を行います
・火葬、骨上げを行います
・遺骨法要・還骨勤行を行います
・初七日法要を行う
・精進おとしを行う
・片付け、事務引継ぎ、御礼をする
・葬儀が終わったら葬儀社などに
 支払いをします

4日目〜 納骨

・死亡通知を故人の友人で葬儀を
 知らせなかった方などに行う
・死亡日から四十九日目に香典返しを行う(頂いた金額が多い方などに)
・忌明け法要(四十九日)を行う
・納骨法要(忌明け以降一周忌までの間に納骨をする)
・法事、法要を行う
・お盆・初盆

 

 

このように
短時間でやらなければならない事がたくさんあります。
 
生前のうちに出来る事は準備しておくと
落ち着いて対応が出来ます。

 

特に葬儀社選びは慎重に決めたいところですが、
当日はバタバタしてゆっくり決める事は極めて難しい状況になります。

 

知人の紹介とか付き合いがある葬儀屋などで
とりあえず決めてしまって後悔することもあるので、

 

特に生前のうちに葬儀社選びには時間を使っておくことを強くお勧めします

 

今は、格安で対応の良い葬儀社がたくさんありますので、
数社に資料請求をしておいたり、
具体的な内容が決まっていれば見積もりを依頼しておいて、
予め葬儀社を決めておくと安心ですね。

 

当日はパニックになる可能性があるので、
親切丁寧にサポートをしてくれる葬儀社を選びましょう。

 

 

>>>東京で葬儀を行う時の基本的な流れ

 

 

 

 

 

葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ