葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

4.葬儀社を決める

葬儀社 決める

どんな形式であれ規模の大小があっても葬儀社は必ず決めなければなりません。

 

葬儀の経験は人生の中で数回程度ですので、
1度経験しても細かい部分までは覚えていない事がほとんどです。

 

しかも感情的にも平常心を保つのが難しい環境の中で、
葬儀を行うにはプロのサポートは必須になります。

 

だからこそ良い葬儀社選びが重要になります。

 

もっと言うと良い葬儀社で良い担当者に出会えることで
葬儀は成功したも同然となることを覚えておきましょう。

 

葬儀社選びの基準として金額面は大切ですが、
それ以上に良い担当者=人間性+スキルを兼ね揃えた人
見つける事が大切です。

 

1社だけに声をかけて、
1人だけ会うのではなく、
 
数社に声をかけて、
数人の担当者と会い、
打ち合わせをすることで人間性やスキルの高さを判断することが出来ます。

 

では、どのように葬儀社を見つけていくか、
いくつか方法があるので見ていきましょう。

 

@知人からの紹介

 

葬儀経験者の知人(友人、親族、会社上司など)の話を聞いて満足度を確認します。
とても満足をしていたら紹介してもらうのも良いでしょう。
多少地域的に距離があっても紹介とならば葬儀社は喜んで対応してくれます。
半径50km範囲以内であれば問題はありません。

 

 

Aインターネット検索

 

インターネットを使えばいつでもどこでもネットがつながる環境であれば
葬儀社を探すことは簡単にできます。
ただ無数にあるため、どこに声をかけるか迷うところです。

 

現在は葬儀社を一括で見積りが取れるサイトもあります。

 

【葬儀レビ】全国資料一括請求

 

 

価格を抑えてシンプルな葬儀をしたい方は

 

【格安葬儀】資料請求プログラム

 

に登録をして必要な条件を入力するだけで、
あなたの条件にあった葬儀社がピックアップされます。

 

便利な時代になりましたね。

 

そして実際に葬儀社の担当者と面会し、
話を聞いて人間性やスキルを確認することが出来ます。

 

 

ここでポイントですが、

 

 

「あなたの気持ちを聞いてくれて、あなたの気持ちで葬儀を提案してくれる葬儀社」 

 

を選んでいきましょう。

 

金額面を押してきたり、葬儀社視点の提案をしてきたり、
あなたの要望を聞き入れない葬儀社はやめておいた方が賢明です。

 

 

B病院からの紹介

 

たいてい病院は葬儀社と業務提携をしています。
メリットとしては、
ご臨終になった瞬間に病院に言えばすぐに葬儀社を紹介してもらうことが出来るので
手間なく対応がスムーズに進みます。

 

しかし、業務提携をしているという事は、
その分病院は葬儀社にコストがかかっています。

 

当然、葬儀費用は高くなるのと、
あなたの要望に応えてくれる良い担当者かどうかを
判断する時間が取れないというのがデメリットとしてあります。

 

一般的にご臨終の後に、
病院からの搬送のみ病院からの紹介葬儀社に依頼するケースは多々あります。

 

偶然にもその葬儀社の担当者が良くて、
金額面も問題なければそのまま病院の紹介された葬儀社に依頼すれば良いし、
ダメであれば別の葬儀社を探していくのは問題はありません。

 

 

 

以上のように葬儀社を決める3つの方法をお伝えしましたが、
一番大切な事は葬儀社を決める事よりも
良い葬儀社の担当者を見つける事がなによりも重要になります。

 

良い担当者を見極めるポイントとしては

 

〇人間性+スキルが高い人
〇自分の意見を持っていて、あなたの気持ちになって一緒に考えてくれる人
〇言葉遣いや身なりがしっかりしている人

 

 

などがありますので、
あなたの目でしっかり見抜いて
葬儀を成功させてください。

 

 

>>>5.葬儀の予算(費用)を決める(固定費と変動費)


葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

1.喪主を決める
葬儀が喪主を決める事が始まります。 親族の中からふさわしい人材を選びましょう。
2.お葬式の形式を決める
東京で葬儀を行う時に知っておきたい費用の相場や 格安で対応のいい葬儀屋選びのポイントをまとめたサイトです。 葬儀は時間が無いが葬儀屋にお任せは厳禁です。 初心者のあなたが葬儀に失敗しないために基礎知識からわかりやすくまとめました。
3.お葬式の規模を決める
お葬式は参列者の数で規模が決まります。 また一般的な葬儀以外にも家族葬、直葬、密葬、社葬などありそれぞれのメリットやデメリットを紹介します。
5.葬儀の予算(費用)を決める(固定費と変動費)
葬儀の予算(費用)には固定費と変動費があります。ポイントを抑えて具体的な解説をしています。
6.葬儀の日程を決める
葬儀の日程を決める時に一番優先しておかなければならないポイントを解説しています。ここを抑えないと日程が決まらないため重要です。
7.現金の準備
葬儀には多額が現金が必要になります。故人の遺産から支払う場合には注意が必要です。お葬式の支払いが出来ないなんてシャレになりませんので確認をしておきましょう。