葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

東京で葬儀を行う時の費用の相場は?

東京 葬儀 費用 相場

葬儀にかかる費用の全体平均は188.9万円と言われています。

 

これは日本消費者協会が2014年に「第10回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」
のデータになります。

 

この内訳としては4つに分けることが出来ます。

 

葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)
葬儀屋が立て替えた金額(立替実費費用)
お坊さんに支払う金額(寺院費用)
葬儀後に必要な金額

 

があります。

 

一般的に葬儀屋のホームページに記載されている金額は

 

葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)

 

がほとんどになりますので注意が必要です。

 

では何故そのような価格表示になってしまうのか?
消費者を混乱させてしまいそうな表示をしてしまうのか?

 

という部分が気になると思います。

 

 

決して葬儀屋は消費者を混乱させるために、
低価格で提示して追加料金で稼ごうとしている訳ではなく
 (一部の悪徳業者はありますが・・・)
そうせざるを得ないのが現状という事を理解しておきましょう。

 

 

説明をしますと、
葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)というのは
葬儀屋側で決められる基本セット料金という事になります。

 

祭壇一つをとってもその費用はピンからキリまであります。
小さいものは30万円、盛大にしたら400万円と
実に幅があります。

 

ここは喪側が決めれる部分なので、
広告としては確定金額は表示できません。

 

しかし、葬儀屋があらかじめ祭壇のレベルを決めて、
消費者がそのレベルの祭壇を使用するという形を取れば
価格を設定することが出来るという事です。

 

葬儀は基本的にオーダーメイドになるため、
喪側の要望によって見積費用は大きく異なるため、
広告を出すうえで価格を提示できないという理由から
基本セット料金という形で提案しているという事ですね。

 

 

次に何故
葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)
だけを表示しているかと言いますと、

 

 

 

葬儀屋が立て替えた金額(立替実費費用)
お坊さんに支払う金額(寺院費用)
葬儀後に必要な金額

 

は葬儀屋側では事前に決められないからです。

 

例えば斎場を公営にするのか民営にするのかは
葬儀屋では決められませんし、
マイクロバスを使うかどうか?
送迎の距離も葬儀屋ではわかりません。

 

お坊さんに支払う(寺院費用)も
喪側の気持ちの問題なので葬儀屋ではあらかじめ決める事ができません。

 

葬儀後の金額も家柄によって異なります。

 

上記の事から、
葬儀屋で事前に価格を決めて提案表示できるのが

 

葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)

 

のみという事です。

 

 

 

また、この費用はあくまで全国平均相場ですが、
全ての葬儀経験者からのアンケートではない点と
平均ということで最高金額と最低金額に差があることを考慮して
参考程度に見てください。

 

また東京では直葬なども増えている一方、
芸能人や著名人も多いため一概には言えない事をご了承ください。

 

大切な事は、
どのような葬儀にしたいかを決めて、
葬儀屋数社に見積を取ることが一番良い方法です。

 

 

>>>1、葬儀屋に支払う金額の相場(葬儀費用)


葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

葬儀の種類
葬儀の種類には一般葬、家族葬、直葬、密葬、社葬などあります。故人の想いや親族の考え方で葬儀の種類を選択していきます。そのあたりを解説しています。