葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

3、お坊さんに支払う金額(寺院費用)

寺院 費用 お坊さん 支払

寺院費用の相場

 

葬儀社に支払う費用と葬儀社が立替した費用の他に、
お坊さん(寺院)に支払う費用があります。

 

寺院費用には「読経料」「戒名料」「お車代」「お食事代」などが含まれていますが、
これは各寺院や僧侶によって大きく違いがあります。

 

明確に提示している寺院やお気持ちと言われる寺院もあり
いったいいくらお支払したらよいのか悩むことが多々あります。

 

基本的には直接寺院のお坊さんにお聞きするのが確実ですが、
東京での相場を参考までに紹介します。

 

 

読経料(どくきょうりょう)の相場

 

読経料というのは通夜、葬儀、告別式、法要の際に僧侶にお経をあげてもらう際の
お布施の事を言います。

 

正式には寄付なので金額設定が決まっていない場合が多く、
これまでの寺院との付き合いや
これからの寺院との付き合い方によっても金額は違ってきます。

 

寺院によっては価格表を作っているところもありますが、
ほとんどが明確でないので寺院に直接確認することが一番確実です。

 

東京の読経料相場目安として、
枕経?通夜?葬儀・告別式?還骨勤行?初七日までで
読経料の相場は15万円〜30万円と幅があります。

 

※最近では初七日法要を葬儀当日に済ませるケースが増えてきているため
含めた相場目安にしております。

 

 

 

初七日以降の法要の費用相場としては

 

四十九日  30,000〜50,000円

 

一周忌   30,000〜50,000円

 

三回忌   5,000〜10,000円

 

初盆・新盆 5,000〜10,000円

 

が目安ですので参考にしてみてください。

 

 

 

戒名料(かいみょうりょう)の相場

 

戒名というのは仏の弟子になったことをあらわす名前で、
仏の世界に往く俗名のままでは行けないという事で死者に対して
戒名という名前を付けられたと言われています。

 

天台宗・真言宗・浄土宗・曹洞宗・臨済宗などの宗派では「戒名」と
呼んでいるが、浄土真宗では「法名(ほうみょう)」、
日蓮宗では「法号(ほうごう)」と呼んでいます。

 

僧侶から故人に戒名を授けてもらうことで、
仏の世界に行けるということですね。

 

※故人が戒名を望まない場合は俗名で葬儀を行うことが出来ます。

 

 

また戒名には宗派や文字数によってランクがあり、
お布施の相場が異なります。

宗派

6〜7字

(信士・信女)

7〜9字

(居士・大姉)

9〜13字

(院居士・院大姉)

真言宗

15〜20万円

約50万円

500万円以上

浄土宗

5〜15万円

約35万円

60〜100万円

臨済宗

30〜50万円

50〜100万円

100万円以上

曹洞宗

15〜30万円

50〜100万円

相場なし

日蓮宗

約35万円

75〜150万円

-

浄土真宗

20−30万円(寺への貢献度により与えられるため、院号の違いなし)

(朝日新聞社調べより)

 

と言われています。

 

 

そのほかの相場

 

読経料と戒名料の他に必要なお布施として
お車代と御膳料があります。

 

 

お車代

 

タクシーやハイヤーを手配した場合にはお車代を包む必要があります。
相場は距離によって異なりますが5,000円〜10,000円が相場になります。
もちろんあなたの経済状況によって無理をする必要はありません。

 

またタクシーやハイヤーに乗る回数によってプラス5,000円〜10,000円を
包む必要があります。

 

 

御膳料

 

お通夜の振る舞いや精進落としなど僧侶が遺族と一緒に食事をとらない場合には
御膳料として5,000円〜10,000円を包みます。
予め僧侶に会食に参加するか確認しておくと慌てずに済みます。

 

 

 

>>>4、葬儀後に必要な金額(費用相場)


葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

1、葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)
東京で葬儀を行う場合の金額(葬儀費用)の相場を具体的に紹介しています。基準を知っていると見積もりを取った後に判断が出来るようになります。
2、葬儀屋が立て替えた金額(立替実費費用)
葬儀屋に支払う金額意外に葬儀屋が立て替えた金額を支払うことは常識です。しっかりと把握をしておきましょう。
4、葬儀後に必要な金額(費用)
葬儀後に必要な金額は意外と高額です。 どのくらいの金額をいつまで支払うのかを知っておく必要がありますので紹介しています。
5、葬儀の役割分担
葬儀の役割分担は重要です。 喪主を決めるのは当然ですが、受付や会計などどういう立場の人が何をするかを解説しています。
6、葬儀の確定申告について
葬儀の確定申告について解説をしています。少しでも控除されると家計に優しくなるので参考にしてください。