葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

6、葬儀費用は確定申告できるのか?

葬儀費用 確定申告 税金 控除

葬儀を確定申告することで相続税の控除を受ける事ができます。

 

 

葬儀にかかる費用は東京の平均で188.9万円(平成24年日本消費者協会調べ)という
調査結果があるように高額な出費になることは間違いありません。

 

この東京平均188.9万円には

 

葬儀費用
立替実費費用
寺院費用

 

が含まれています。

 

 

がしかし、
葬儀後の香典返しや心づけ、法要や仏壇、お墓など
まだまだ費用はかさんでくるのです。

 

 

少しでも税金の控除が出来れば、
家計が助かりますよね。

 

 

そこで葬儀にかかった費用が確定申告できるのか調べてみました。

 

まず結論から申し上げますと、

 

 

確定申告では税金の控除は受けれない!

 

という事です。

 

 

その代わりに、

 

 

相続税の控除は受けれる!

 

ようです。

 

 

 

故人がなくなったことで、
故人の財産はもらえるものの、
その分葬儀の費用はかかります。

 

法律でその部分を考慮してくれているという事です。

 

 

ただ注意しなければならないのが、

 

控除の対象範囲です。

 

実際に葬儀費用のどの部分まで控除対象になるのでしょうか?

 

・遺体や遺骨などの搬送費用
・火葬や埋葬など納骨費用
・読経や戒名などのお布施費用
・お通夜にかかった関連費用

 

までは控除対象になります。

 

 

 

逆に控除対象にならないものとしては、

 

葬儀後にかかる費用です。

 

例えば

 

・香典返し
・墓石
・墓地
・法要にかかる費用

 

などがあります。

 

 

また葬儀費用の確定申告をする場合には、
しっかりと領収証が必要になりますので、
面倒がらずにしっかりと取っておきましょう。

 

提出期限は亡くなった日から10ヶ月以内になります。

 

 

>>>いい葬儀屋を選ぶ理由(専門葬儀社 互助会 JA・生協など)と種類について


葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

1、葬儀屋に支払う金額(葬儀費用)
東京で葬儀を行う場合の金額(葬儀費用)の相場を具体的に紹介しています。基準を知っていると見積もりを取った後に判断が出来るようになります。
2、葬儀屋が立て替えた金額(立替実費費用)
葬儀屋に支払う金額意外に葬儀屋が立て替えた金額を支払うことは常識です。しっかりと把握をしておきましょう。
3、お坊さんに支払う金額(寺院費用)
お坊さんに支払う金額を寺院費用と呼びます。葬儀屋の見積書には最初に出てこないケースが多いので注意しておきましょう。
4、葬儀後に必要な金額(費用)
葬儀後に必要な金額は意外と高額です。 どのくらいの金額をいつまで支払うのかを知っておく必要がありますので紹介しています。
5、葬儀の役割分担
葬儀の役割分担は重要です。 喪主を決めるのは当然ですが、受付や会計などどういう立場の人が何をするかを解説しています。