葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

いい葬儀屋を選ぶ理由(専門葬儀社 互助会 JA・生協など)と種類について

葬儀屋 種類 選ぶ 理由 

葬儀というのは言い換えれば「人生の卒業式」でもあります。

 

 

自分たちで卒業式をあげる事が出来れば良いですが、
ご遺体の保存や搬送、式場や火葬場の予約、
式の進行など現実的に考えても難しいことが分かります。

 

そこでとても頼りになる存在が葬儀屋であります。

 

ではすべての葬儀屋があなたの期待に応えられる
頼れる存在となるのでしょうか?

 

普段から葬儀屋との付き合いがあって、
信頼関係が築かれている場合はとても幸せな事ですが、
実際はあまり関わることもないため、
いい葬儀屋はどこにいるのかわからないと思います。

 

一般的には知人の紹介や地元の葬儀屋を選ぶことが多くありますが、
その葬儀屋があなたにとって良いかは別問題となります。

 

今ではインターネットが発達しているので、

 

「○○地域 葬儀屋」と検索すると

 

近くの葬儀屋を見つける事が簡単にできます。

 

でも近ければ良いかと言われると
そうでない事も多々あります。

 

 

また葬儀屋には種類があります。

 

 

互助会 

 

互助会とは割賦販売法に基づき生前から葬儀代金の一分を積み立てる方式を採用しています。
その積立は葬儀以外に結婚式などにも使えたり、
積み立てを通じて事前に葬儀の事を考えていける。

 

運営がうまくいっている互助会であれば各種イベントも開催されるので
営業付き老人クラブと考えればメリットはありますが、

 

互助会は独立企業の為、運営方針や内容はまちまちです。
組織が大きいため葬儀にかかる費用が高くなったり、
担当者が葬儀のプロでない場合があります。

 

互助会を選ばれる場合は、
インターネットで「解約」や「苦情」がないか
必ずチェックすることをおすすめいたします。

 

 

 

JA・生協

 

JAとはJAPAN AGRICULTURE COOPERATIVESといっていわゆる農協の事を言います。
JAは農業者の組合組織なので農業者の役に立つサービスを展開しています。

 

生協とは生活協同組合の略でコープ(COOP)と言われています。
その一環として葬儀事業も行っています。

 

JAも生協も葬儀が本業でないために民間企業と比べて利益を上げる必要もないため、

 

葬儀にかかる費用は比較的安く済ませる事ができたり、
葬儀にかかる経費の料金設定が決まっているので
見積もりが明確というのがメリットになります。

 

さらに全国展開をしているので葬儀場は充実しています。

 

しかし葬儀の専門ではないために、
葬儀の質を考えると自分たちで準備しなければならない事も
多くなるため注意が必要です。

 

 

 

 

専門葬儀社 

 

大手の葬儀社から小規模の葬儀社まで様々あります。
全体の70%の葬儀屋は10人未満の小規模の葬儀社で構成されています。

 

大手の葬儀社は実績があるので大規模な葬儀を行うノウハウを持っていますが、
逆に地域密着ではないので各地の風習を熟知していないケースがあります。

 

小規模の葬儀社は組織が小さいため大規模な葬儀は慣れていないが、
逆に地域密着なので各地の風習を熟知しているケースがあります。

 

トータルで考えると専門の葬儀屋が一番安心しますが、
東京都内だけで500社以上の葬儀屋があります。

 

 

 

以上の中からいい葬儀屋を選ばなければなりませんが、
一番大切にしたいことは

 

 

あなたの要望を親身に聞いてくれて高度な要望にも対応できるスキルを持つ担当者

 

を探すことです。

 

 

 

どんな会社も「人」によって印象が変わるように
葬儀屋も大小あるが結局は「人」によって
良くも悪くもなります。

 

 

ではどのようにしたら、
良い「人」である「担当者」に会えるのでしょうか。

 

 


@各葬儀屋の社長の理念をチェックしましょう。

良い社長の下には良い社員が集まりやすいです。

 

業績も当然大切ですが、
どういう思いで葬儀業を立ち上げたのか、
何を大切に考えているのか、

 

など社長の人となりを知ることが大切です。

 

結局、喜ばれてる葬儀屋は利益を上げていますので、
長く営業をすることが出来ます。

A知人の葬儀に参列した時に良いと思った葬儀屋をチェックしましょう。

ホームページだけでは絶対にわからない部分というのが
現場にあります。

 

現場というのはお通夜やお葬式になりますが、
知人の葬儀に参列する機会があったら、
全体の進行や設備など見ておきましょう。

 

喪主の方と親しければ、
その葬儀屋は良かったのかを後日聞いてみるのが良いでしょう。

 

 

担当者の名前も必ずメモしておきます。

 

また、葬儀中であっても、
良いと思った担当者には直接挨拶をして
名刺をもらいましょう。
どんなに忙しくても快く名刺を頂けると思います。

 

 

このように葬儀屋選びというのは時間がかかります。

 

 

逆に人生の卒業式を行う一大イベントなので、
時間をかけて葬儀屋は選ばなければなりません。

 

 

葬儀は突然訪れます。

 

慌てて適当な葬儀屋を選んでしまうと、
一生後悔してしまうという話もよく聞きます。

 

不謹慎と思われるかもしれませんが、
生前のうちによく葬儀屋の情報は収集しておくことをおすすめします。

 

 

>>>いい葬儀屋選びの4つのポイント

葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

いい葬儀屋選びの4つのポイント
いい葬儀屋を選ぶことが成功の秘訣になりますが、 そのポイントを4つにまとめて解説しています。
いい葬儀社の選び方のコツ
いい葬儀社を選ぶにはしっかりとしたコツがあります。また悪い葬儀社の特徴もわかりやすく解説しています。
葬儀屋に伝えること
葬儀屋に伝えることはとても大切ですが、 実は非常にシンプルです。悔いの残らない葬儀をするために伝える事を解説しています。
格安葬儀屋の見抜き方
格安葬儀屋の見抜き方を紹介しています。価格だけを見て判断してしまうと後で痛い目にあいます。しっかりと知識をつけて見抜いていきましょう。