葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

葬儀後の遺産相続の手続き(葬儀後の流れ)

葬儀後 遺産相続 手続き 流れ

葬儀後にやることは本当に山ほどあります。

 

 

しかも遺産相続となると親族が集まって十分に話し合う必要があります。

 

この遺産相続が上手くいかないとトラブルが発生したり、
最悪絶縁になるなど大変な問題にもなりえます。

 

 

プラスの遺産やマイナスの遺産がありますので、
どちらも明確にしていかないとトラブルの元になります。

 

 

さらに決めなければならないことが多いにも関わらず、
決めなければならない期間が存在します。 

 

 

今回は遺産相続の基本となる手続きとやるべきことを
順番に紹介します。

 

期限

流れ

内容

葬儀後7日以内 1、遺産相続の開始

・死亡診断書を医師から受け取る
・死亡届に必要事項を記入し市区町村の役所へ提出
・火葬(埋葬)許可証を受け取る

葬儀後10日以内 ※年金受給者の場合

・年金受給停止の手続き
※年金受給権者死亡届を年金事務所へ提出
 (国民年金は葬儀後14日以内)

葬儀後14日以内

世帯主変更届を市区町村の
役所へ提出

・健康保険証を市区町村の役所or勤務先へ返却
・各資格喪失届を市区町村の役所へ提出
各種年金の手続き 
・公共料金の変更or解約

3ヶ月以内

 

 

 

2、遺言書の有無確認 自筆証書遺言or公正証書遺言or秘密証書遺言
3、相続人を決める   配偶者or子or直系尊属or兄弟姉妹(甥・姪)
4、相続財産リストの作成

〇プラスの財産の種類(財産目録)       

 

・現物財産(現金・預貯金)
・不動産(土地・家屋)
・不動産上の権利(賃貸権・抵当権)
・動産(車・貴金属・骨董品・家財家具)
・生命保険金(故人が受け取る予定額)
・電話加入権

 

 

×マイナスの財産の種類

 

・負債(借金・ローン)
・保証債務
・損害賠償債務(不法行為・債務不履行)
・公租公課(税金の未納)
・買掛金(未払い代金)

5、相続の方針決定

・単純承認(全ての財産を無条件・無制限で承継) 
・相続放棄(全ての遺産相続を放棄)
・限定承認
 (プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を承継)

4ヶ月以内 6、準確定申告

・1月1日から死亡日までの所得を計算し、
 税務署に確定申告する
 (故人の所得税申告・納付)

10ヶ月以内

 

 

 

7、遺産分割協議書作成

・誰がどのくらい遺産を相続するかを書面にまとめる
 (ここで揉めないように注意しましょう)

8、遺産の名義変更手続き

・遺産分割協議書に従って具体的な名義変更を行う
 (プラスの財産とマイナスの財産の各種類)

9、相続税の申告・納付

・具体的に計算を行い所轄の税務署に申告し、
 税務署や金融機関、郵便窓口などに納付を行う

10、遺産相続の手続き終了 ・長丁場お疲れ様でした。

※世帯主(65歳以上で年金をもらっていた人を想定)が死亡した場合の例になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>>東京葬儀のマナーの一般常識(お香典/お焼香)


葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

葬儀の後の各種手続き
葬儀後にも各種手続きには法要、墓地、墓石、保険、年金、相続税などたくさんあります。 全体感を把握しておくと慌てずに済みます。
葬儀後の法事・法要
東京で行われる葬儀後には法事・法要があります。 法事と法要の違いや具体的にいつ何をするのかを解説しています。
葬儀後の納骨(墓地・墓石)
葬儀後に必要になるのが大切な納骨です。 納骨をするためには墓地と墓石が必要になります。 墓地にはどんな種類があり、そのメリットやデメリットや墓石の種類を解説しています。
東京のお墓の値段!購入費用の相場
東京のお墓の値段はいくらするのか?購入費用の相場をお伝えしています。
葬儀後の給付金(補助金)【保険/年金】
葬儀には様々な費用がかさみますが、葬儀後に給付金(補助金)を申請することができるのです。 保険や年金など知っていると得する情報なので紹介します。