葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

東京葬儀のマナーの一般常識(お香典/お焼香)

東京 葬儀 マナー お香典 お焼香 一般常識

お香典のマナー

 

お香典(おこうでん)というのは死者の霊前に線香や花の代わりに供えるもので、
不祝儀袋(ぶしゅうぎふくろ)やお香典袋に故人との関係の深さに応じて金額を包みます。
金額に応じて袋のグレードを合わせるのがマナーとされています。

 

 

表書き

 

表書きについては宗教によって違いがあります。

 

ただお通夜に持っていくお香典の表書きは「御霊前」が一般的になっています。
四十九日の法事では「御仏前」の表書きになります。

 

注意点としては浄土真宗はお通夜でも「御仏前」にします。
なぜなら亡くなったらすぐに仏様になるという教義の為です。

 

ということで亡くなられた方の宗教を確認しておくと良いですね。
分からない場合は「御霊前」にしておくと良いでしょう。

 

 

 

 

水引き

 

次に水引の色は何色を選ぶべきかですが、
香典袋には「黒白」「銀」「紫銀」「黄白」といった種類があります。

 

色の違いとしては昔から日本では祀り事に格式の高さが関係したと言われています。

 

また、地域によって水引の色が違っています。
東京で一般的になっている色は「黒白」か「銀」になります。

 

ちなみに関西は黄白が一般的のようです。

 

 

 

>>>東京葬儀の受付マナー


葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

東京葬儀の受付マナー
東京の葬儀の受付についてのマナーを解説しています。
葬儀の服装
東京の葬儀の服装(アクセサリー、靴など)ついてのマナーを解説しています。