葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

東京葬儀の服装(靴・アクセサリー・指輪など)マナーの基本

東京 葬儀 服装 靴 アクセサリー 指輪 マナー

お通夜、葬儀、告別式は故人との最後のお別れをする厳粛な儀式です。

 

 

礼を失わないような細かな配慮が必要です。
特に服装には気を使わなければなりません。

 

 

相手を思いやる気持ちが服装に現れますので、
出来る範囲の精一杯の気持ちを服装で表現します。

 

葬儀の服装には喪側と会葬者で異なります。
お通夜とお葬式(葬儀・告別式)、法事の時でも異なります。

 

 

喪服には「正式喪服」 「準喪服」 「略式喪服」の3種類があり、

 

喪側と会葬者で着る喪服も違うのとお通夜やお葬式、
法事などで着る喪服も異なります。

 

 

 

着る場面もそれぞれ異なりますので、
簡単に表にまとめましたのでご覧ください。

場面

喪側

(親族・遺族など主催者) 

会葬者

(弔問客・参列者など参加者)

お通夜

準喪服

略式喪服

葬儀・告別式

正式喪服

準喪服

初七日

正式喪服

準喪服

四十九日

正式喪服

準喪服

一周忌

正式喪服

準喪服

法事

準喪服

略式喪服

※格式の高い順番は「正式喪服」⇒「準喪服」⇒「略式喪服」順となります。
※会葬者は喪側より格式の高い喪服は着用してはいけません。

 

 

 

正式喪服とは

 

正式喪服は喪主や親族は基本的に着用します。 

 

正式喪服は三親等の親族まで着用する喪服で
 
「和」「洋」があります。
 
また、男性女性でも違いがあります。

 

 

男性

 

「和」の正式喪服

「洋」の正式喪服

・羽二重の染め抜き五つ紋付きの羽織と対の長着
・黒かグレーの半襟
・地味な角帯
・仙台平か博多平の袴
・黒か白の足袋
・畳表の草履(鼻緒は黒か白)

・モーニングコート
・ベストの白い襟をはずし黒のネクタイを結ぶ
・ベルトは使わずサスペンダーで吊る
・細い稿のズボン
・黒い靴下に黒の革靴

女性

 

「和」の正式喪服 「洋」の正式喪服

・黒無地に染め抜き五つ紋付
・白の半襟
・黒の論子か絞りの帯揚げ
・黒の帯
・黒の平打ちか丸くげの帯締め
・帯締の端は弔事では下向き
・無光沢の地味な色のバッグ
・白の足袋
・黒の草履

・帽子
・長袖の黒のワンピース
・金具のついていないバッグ
・黒のストッキング
・黒い靴

 

 

 

準喪服とは

 

準喪服は、

 

喪側はお通夜と法事で着用しますが、
会葬者は葬儀や初七日などの重要な法事で着用する
 
最も着用する機会の多い喪服と言えます。

 

正式喪服に準じた服装となります。

男性

 

「和」の準喪服 「洋」の準喪服

・ブラックスーツ(礼服用スーツ)
・ネクタイ、靴下、革靴もすべて黒
・シングル・ダブルは問わない
・ワイシャツは白

・ダブルまたはシングルのブラックスーツ
・ワイシャツは白
・ネクタイは黒無地(タイピンはNG)
・靴下、靴は黒
・靴は光沢のないもの

女性

 

「和」の準喪服 「洋」の準喪服

・地味な色無地の三つ紋か一つ紋
・帯と帯挙げ
・帯締めは黒
・長襦袢
・半衿
・足袋は白

・黒のワンピース
・スーツ、アンサンブルなど長袖が正式
・スカート丈は、ひざ下からミディ丈
・インナーは黒でまとめる
・ストッキングは黒か肌色
・靴は黒

 

 

 

 

略式喪服とは

 

略式喪服は喪服の中で最も軽装で平服に近い喪服となっています。 

 

男性

 

「和」の略式喪服 「洋」の略式喪服

・色無地の三つ紋か一つ紋付きの羽織と対の長着
・羽織紐と半襟はグレーか黒
・袴は着用しない

・ブラックスーツ(準喪服)か濃紺のスーツ
 (ダークグレーなどのダークスーツでも可)
・ワイシャツは白
・ネクタイと靴は黒
・靴下は黒か紺

女性

 

「和」の略式喪服 「洋」の略式喪服

・無地の一つ紋・三つ紋(半喪服)
・無地の黒帯
・地味な小紋
・黒の一つ紋の羽織
・帯は黒
・草履やハンドバックは黒で皮製

・黒、紺、茶などの地味でかつデザインが控えめなワンピースかスーツ
 (アンサンブルも可)
・ストッキングは、黒、または肌色
・靴下は黒
・靴やハンドバックは光沢の無い黒

 

 

 

葬儀でアクセサリー・指輪はしていいの?

 

基本的に悲しみの場ですので、
派手なアクセサリーはご法度となります。

 

指輪は男性も女性も基本は結婚指輪は大丈夫ですが、
結婚指輪以外のアクセサリーは外すのが望ましいです。

 

 

男性の場合

 

派手な時計やブレスレットは外しましょう。

 

 

女性の場合

 

結婚指輪以外は着けない方が良いですが、
ネックレスは大丈夫です。
白の真珠が一般的に大丈夫ですが必ず一連のタイプにしてください。
二連以上のものは不幸が重なると言われています。

 

香水も出来る限りつけない方が良いです。

 

とにかくアクセサリーや指輪は最低限にして、
地味にするのが一般的とされていますので、
メイクも含めて注意をしていきましょう。

 

 

 

>>>トップページに戻る


葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

東京葬儀のマナー(お香典/お焼香)
東京の葬儀のお香典とお焼香についてのマナーを解説しています。
東京葬儀の受付マナー
東京の葬儀の受付についてのマナーを解説しています。