葬儀 費用 相場 東京

安心できる葬儀屋をお探しの方へ

どこの葬儀社が良いかわからない方は

安心・明瞭価格の葬儀屋さんはコチラ

墓地の種類

墓地の経営形態には公営と民営があります。

 

それぞれどのような特徴があり、
メリットデメリットがあるのかをまとめました。

 

 

民営(宗教法人と財団法人、社団法人などが管理運営)

 

民営には寺院墓地と公園墓地があります。
寺院墓地には境内と公園があります。

 

民営⇒寺院墓地⇒境内の特徴

寺院経営による寺院の境内にある墓地の事です。
原則として寺院の檀家になることが義務づけられているのが特徴です。

 

メリット
・寺院なので市街地にあることが多く交通の便が良い。
・管理が行き届いていて綺麗。
・法要などの相談がしやすい。

 

?デメリット
・永代使用料の他にも檀家になる為の費用や寺の維持管理の為の寄付金、維持費がかかる。
・墓石の形に制限があることが多い。

 

 

民営⇒寺院墓地⇒公園の特徴

寺院が境内以外の場所に開設されている。
檀家になることが義務づけられている場所はそうでない場所も存在している。

 

〇メリット
・寺院なので市街地にあることが多く交通の便が良い。
・管理が行き届いていて綺麗。
・法要などの相談がしやすい。

 

?デメリット
・永代使用料の他にも檀家になる為の費用や寺の維持管理の為の寄付金、維持費がかかる。
・墓石の形に制限があることが多い。

 

 

民営⇒公園墓地⇒特徴

駐車場や休憩所、遊歩道など設備が整っている所が多いのが特徴です。
また宗派を問わないところも多いのも特徴。

 

〇メリット
・環境が整っていて明るいイメージがある。
・予算に応じて自由に区画を選ぶことができる。

 

?デメリット
・永代使用料や年間管理費が高い。
・墓石は指定石材店の場合が多く自由度が低い。
・交通の便が悪い場所が多い

 

 

公営(都道府県や市区町村などの自治体が管理運営)

敷地の広い公園墓地が多いのが特徴です。
宗派に制限がないため、どの宗教でも申し込み可能。

 

〇メリット
・自治体が管理しているため経営が安定している。
・宗教に制限がない。
・永代使用料や年間管理費が安い

 

?デメリット
・募集時期が限られているのでタイミングによっては申込みできない。
・人気の地域では応募倍率が高く入手困難なケースもある。
・生前に自分たちの為の申し込みはできない。
・清掃など管理が行き届いていない場合もある。

 

 

このように「墓地」といっても、
さまざまな形態があり、管理する団体も異なります。
メリットとデメリットを考慮して、
どのような墓地を選ぶかを事前に検討しておくことをお勧めしています。

葬儀社選びは早い方が得します。

人生の卒業式を後悔しないために、

今から準備出来る事があります。

信頼出来て格安の葬儀屋を見つけるならココ


関連ページ

墓地を買う(墓地使用権を買う)
東京で葬儀を行う時に知っておきたい費用の相場や 格安で対応のいい葬儀屋選びのポイントをまとめたサイトです。 葬儀は時間が無いが葬儀屋にお任せは厳禁です。 初心者のあなたが葬儀に失敗しないために基礎知識からわかりやすくまとめました。